fc2ブログ

第401回

手づくり菓子工房 ペルシュ
鯖江市神中2丁目407-2
TEL:0778-54-4500
Open:平日9:00 ~ 19:30 日・祝日9:00 ~ 19:00 喫茶 9:00 ~ 18:30
定休日:月曜日 (月曜が祝日の場合は翌日)

まず、お店の印象から・・・。10月で丸10年を迎えた手づくり菓子工房 ペルシュ。我が家からも近いということも有り、オープン当初から良く訪れています。
最初にペルシュのケーキを食べた時、ただただ純粋に「美味しい!」と感じました。シフォンケーキのスポンジはフワフワ。生クリームはたっぷりの量でも飽きる事無くペロリとお腹の中へ。チーズケーキもコクが有っておいしい。おまけに焼き菓子も種類が豊富。
特別な日のホールケーキや、嬉しい気分の時のデザートなどには立ち寄っていたお店です。
私にとっての特別なお店のオーナーさんってどんな人なんだろう?と興味も有って、いろんなお話を聞いてきました。

お店の横手にある駐車場に車を停めて お店のドアに繋がる階段を登ると、ドア横の黒板に「たんじょうびおめでとう」と書いてある小さな黒板が。ひらがなでかわいい名前がいくつも並んでいます。「そうか!誕生日といえばケーキだもんね。そういえば、前に誕生日ケーキをお願いした時も、私の名前が黒板に書いてあったなー。」と思い出しました。
黒板も子供が見やすい高さです。記念写真を撮影する方もいらっしゃるとか。誕生日なんて一年に一回の特別な日。ちょっとした事がとても嬉しく感じます。

そして、ドアを開けると・・・。もう夜の7時だというのにショーケースの前にはカップルや親子連れなど賑わっています。それにしてもケーキを選んでいる時の人間の表情って、ホント真剣ですよね。
ショーケースの中にはケーキが並び、お店の中央には焼き菓子が並びます。焼き菓子を見ながらお店の中を進んでいくと、マカロン・ドーナツ・スティックケーキ。そしてジャムも有ります。そして、なにやらワインのようなボトルが。「なんだろ?」と思い見てみるとノンアルコールのカベルネ・ソーヴィニョン。シャルドネが!子供の頃、ノンアルコールのシャンパンとかって特別な日のものでしたよね。きっと、このお店のオーナーは子供の心が分かる方だ!と半ば決め付けながらお店のスタッフの方にオーナーの谷下昌則(たにした・まさのり)さんを呼んで頂きました。

出てきたのは私と同年代くらいの男性の方。お店の中に併設されている喫茶コーナーでお話を伺いました。そう!このお店、ケーキ屋さんですがお店の一角に仕切られた空間が有って買ったお菓子を食べたり、セルフでコーヒーも飲めちゃいます。
谷下さんにまず聞いてびっくりしたのは100種類ものケーキが有るという事。その中からその時期の旬の物などを考慮して30種類以上のケーキをショーケースに並べています。
日本の四季・季節感を大事にしていて、長い日本列島の中からその時期その時期で美味しい地域の物を選んでいます。そして卵・牛乳は福井県産のものを使用。オーガニックな物を心がけていらっしゃいます。うーん。こだわってます!
谷下さんにお勧めって有りますか?と尋ねたら「おススメは作らないんです」という答えが返ってきました。
来てくれるお客様はいろんな方がいらっしゃいます。年齢もバラバラなら好きな物もバラバラ。お土産で持って行く物なのか、家族で食べるのか・・・状況も違います。なので、スタッフにご相談頂いたら、そのお買い物に相応しい物をお勧めしますという答え。なるほど!どの商品を買っていただいても自信を持っているからこその答えですね。
「僕は自信家では無くて、自信を持ってやっているだけなんです。出来ることをやる。やっぱりお菓子はハッピーなものだから。単なるお金とモノの交換では無く、お客様にとっては特別なものだし。」
分かってはいても実行するのはとても難しい事だと思います。でも、私はそこで事あるごとに食べたペルシュのケーキの味を思い出しました。
確かに、お菓子、ケーキは日常の中でも特別です。お菓子を頬張るまでのワクワクした気持ち。ケーキを口の中に入れた時の更に高まる気持ち。その気持ちをちゃんと谷下さんは分かっていらっしゃるんだなと思いました。
聞くと、谷下さんのお父様も同じ職業だったそうです。小さい頃からお菓子やケーキが身近に有って、26歳の時に「今だ!」と思いお店をオープンさせました。
今まではお客様に仕事を教えてもらった10年間でした。お客様の要望で新しく出来た商品もあったそうです。相手にどう思って食べてもらいたいか?感動させる為には中途半端な事は出来ないと頑張ってきました。
これからも、期待に応えられるように満足していただけるように、そしてお菓子で人との繋がりが出来てコミュニケーションが取れるようにと、熱い思いを語って頂きました。

頂いた名刺には「メゾン・ド・ガトー」の文字。「お菓子の家」という意味です。日常よりもちょっとだけ特別な空間・お菓子の家で納得行くまでお菓子やケーキを選んで下さい。種類が有りすぎて迷ったら店員さんに相談してください。皆さんにとってのお薦めを薦めてくださるはずです。
谷下さんの奥さん・千恵(ちえ)さんがアイデアというお店のディスプレイやお菓子のパッケージもかわいいですよ。

そして、アニバーサリーケーキのご予約も承り中。ホールケーキは子供にとっても大人にとっても特別な物。ペルシュのホールケーキはそれ一つでお菓子の家気分が味わえちゃいます。

そして、このペルシュという名前はフランス語で「セキセイインコ」という意味。お店の中を良~くご覧になってください。鳥が至る所に隠れてますよ!私は3羽しか見つけられませんでした。

いきなりでしたが
去る11月21日に福井街角放送、fm773にてradioあいらんどでオンエアされた内容を掲載させていただきました。

完全に告知忘れ。反省(つД`)ノ
パーソナリティさん、大村さんとの取材のやり取りを基に作成していただいた原稿です。

悪しからず、、、
スポンサーサイト



コメントの投稿

Secre

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

手づくり菓子工房 ペルシュ

Author:手づくり菓子工房 ペルシュ
シェフの新着情報を配信します

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード