fc2ブログ

第422回



belgamot

ベルガモ

フランス語読みは語尾の子音を発音せずに‘ モ’ 止まりですけど。

5ストーリー、chapter4のjoyにも登場する組み合わせ、マンダリンオレンジ、ベルガモットとエクアドル産ナシオナル種カカオで構成されたケーキ。昨年も販売しましたが、プラリーンともリンクさせる意味合いも兼ねて改めて紹介します。

マンダリンオレンジ、和訳では蜜柑ですけど、実際はもっと甘くて濃厚な柑橘。「濃い」感じですかね。
ベルガモットは子みかん⁈ なイメージ。むしろ極早稲の蜜柑にライムの少し刺激的爽やかを足した様な、、、
この二つの組み合わせ、甘くて爽やかで香りもしっかりしていて。私自身、好きな柑橘ミックス。
ただ、福井の土地柄、何故か柑橘類の人気は爆発的では無いのか、柚子辺りになるとかなり好みに個人差が現れる様な、、、

本題に
ベルガモット&オレンジのカスタードクリームにエクアドル産ナシオナル種のブラックチョコレートムースを組み合わせてますが、このショコラ、カカオ分72%とかなりハイカカオ。
しかしながら味わいはオレンジ、ジャスミンのアロマが感じられるフルーティなイメージ。実際にはすごく甘味も感じるかもしれません。
サブレフレークとアーモンドプラリネのクリスピー。
土台にはさらに濃厚なブラウニーノワールを配してます。
食感、香り、味わい、口溶け。
いろんな要素を組み合わせたスペシャルなチョコレートケーキ。自分自身かなり気に入っている作品です( ´ ▽ ` )ノ

そうそう、
柑橘類は地中海育ち、バレンシアオレンジとか、ベルガモットとか、、、
陽気で楽しいイメージが満載だそうです。 日本海側は寒くなるそうですけど、、、
スポンサーサイト



コメントの投稿

Secre

プロフィール

手づくり菓子工房 ペルシュ

Author:手づくり菓子工房 ペルシュ
シェフの新着情報を配信します

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード