fc2ブログ

第493回

Fig(英)
Figue(仏)
共に発音は「フィグ」です。

というわけで
Figaro
フィガロ。何故⁈は突っ込み無しでお願いします。


いちじくがメインですが、ジビエ料理(猛禽類、ウサギやキジ、カモ等)で使われる、料理の切り口から発想したお菓子です。
先ずはドライいちじくを赤ワインとシナモンスティック、クローヴ、グラニュー糖で煮込みます。お肉の煮込みで使う赤ワインと同じ発想で


煮込んだいちじくは一晩置いて味と香りを染みこませてから細かく刻み、アーモンドのソフトパウンドに混ぜ合わせ土台に。


センターに忍ばせたミルクチョコレートのなめらかショコラはコスタリカ産を採用。クローヴのスパイシーなアロマを含み、いちごにも似たアロマも持ち併せていたりと変化に富んだミルクチョコレートです。チョコレート本来のアロマを感じてもらいたく、余分な味付けは一切してありません。



リコッタチーズ(左)、サワークリーム(右)、そしてクリームチーズをミックスしたいちじくのレアチーズ。いちじくはピューレを加えてますが、種のぷちぷちした食感が所々に感じられるかと思います。
チョコレート、いちじく、チーズをまとめ上げた少し風変わりなお菓子ですが、赤ワインと召し上がっていただきたいです。
スポンサーサイト



コメントの投稿

Secre

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

手づくり菓子工房 ペルシュ

Author:手づくり菓子工房 ペルシュ
シェフの新着情報を配信します

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード