fc2ブログ

第507回

先週末、fuにてペルシュの看板商品、シフォンケーキとジャージーみるくぷりんが紹介されました。光栄な事に、梵の加藤社長様、開花亭料理長の畑地様。御二方とも地元で名を馳せる有名人。素晴らしいプロモーターにお菓子をお勧めしていただいた効果もあってこの一週間、すごく動きがありました。
なんだかんだいって、男性に好まれるお菓子はシンプルでわかりやすいスタンダード。子どもたちもそんなお菓子が大好きみたいですね。男性が子どもっぽいという訳ではないですよ!
でも、人間は生まれながらの甘党。といった見解があり、おかあさんの「母乳」は甘いそうですね。なんだか甘いものを食べるとホッとする。とはそんな無意識レベルでの安らぎを与えてくれてるかもしれません、、、

今現在、自分が目指すお菓子づくりへの意味合いにも共通するものがある気がして。
自分がつくるお菓子には絶対に必要な、「何故こんな風につくったのか?」の意味。意図する味?理由では無くて、意味。それすらも模索する毎日。



キャンディバーも復帰。
登山にもってこいのリッチなキャラメルバーも、菓子屋らしい、菓子屋がつくるキャラメル。を最大限表現したくて始めました。テンパリングしたクーベルチュールをコーティングして完成度を高めて。こだわりをしっかり持つ事に意味がある。なんてオチで…
スポンサーサイト



コメントの投稿

Secre

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

手づくり菓子工房 ペルシュ

Author:手づくり菓子工房 ペルシュ
シェフの新着情報を配信します

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード