FC2ブログ

第518回

久々にこのブログに来れました。
なんとこのブログでの拍手総数も1000を突破しました!


ありがたやー。
最近は完全にぼやき主体のこのブログ。ちょいちょいぼやきに来ますのでよろしくお願いします。



和食が無形文化遺産に登録されましたね。
ソウルフードとしての和食が世界に認められた瞬間。
外国人から見て、寿司、天ぷら、すき焼きやら、よもや神戸ビーフなどのお決まりを超えた、真髄としての和食。


和食と他国の料理の違いの決定的なところは、油脂中心の旨みに対して、出汁の旨み。いわゆる素材本来の旨みを引き出すことだそうで。

なるほど…確かにfond 、フォンと呼ばれるスープやダシと呼ばれるものは何時間もかけて煮込み、煮出してが基本ながら、出汁はほんの一瞬。食そのものに繊細な華やかさすらが美学と呼べるのかも。

先日ショコラクラッシックレゾネで節度ある油脂分の配合や、植物性への置換について話ましたけど。
マクロビオティックが流行り出したけれど、もともと禅宗の教えに沿ったもので海外に流れて日本にそれらしい名前に変わって戻ってきただけで、和食文化の重要な教えなんですよね。何か無理からに嗜好品は摂らないでおきましょう。からベジタリアンに強引に結び付けた部分も有るんじゃないかって思い…

確かにクラッシックレゾネのように、うまく「ハマれば」新しいものも生まれるが

甘くないケーキってどれ?

っていう質問。一番困る

素材の味わいを殺さないようにいろいろな工夫を凝らして日々仕事に勤しんでいるのに、ましてやケーキ屋に来て甘くないやつ、って、、、;_;

もっともっとお菓子についてしっかり伝える事に尽力しなければ。



カフェマーブルのパウンドケーキ

パウンドケーキは小麦粉少なめ、玉子、バター多めの配合で仕込んでます。
さらにこのカフェマーブルはフレッシュクリームをプラスして、かなりリッチな仕上がりです。
和食の旨みとか素材の味わいとは違い、ケーキって満足度が求められることだと考えてます。節度ある量も大事な事で、一個のお菓子全てを食べて美味しく感じられることだと。
今年のクリスマスケーキ、限定商品のキャラメルアンタンス、プレミアムレアチーズなんかはいつもよりは少し濃い目。勝手な解釈ですが、料理よりもケーキが主役だから、しっかりと印象に残るものを。がテーマに。
正月とか誕生日なんかとはまたひとつ違ったイベント。そこまで作り手の想いを汲み取ってもらうことも大変ですけどね
スポンサーサイト



コメントの投稿

Secre

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

初めてのコメント

早速りんごジャム頂きました。とーっても美味しくて食べ過ぎちゃいましたが、幸せな気持ちになれました(*^-^*)ありがとうございました!
クリスマス前で大変だと思いますが、頑張って下さいね。陰ながら応援してます!!
     マスターFightヽ(^o^)丿 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

手づくり菓子工房 ペルシュ

Author:手づくり菓子工房 ペルシュ
シェフの新着情報を配信します

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード