fc2ブログ

第540回 未熟者

先日から話題の報道。

存在するとかしないとか。
不正だとか。なんだかんだ。。。


個人的に気になったコトバがひとつ。

私がまだまだ未熟だったせいで、、、

世の中、セオリーに沿って歩いて行かなくてはならない、暗黙のルールとか、決まり事とか。いろんな縛りがあって。

実際自分自身、こういう「縛り」がイヤで独立開業しよう、自分が思い描くモノをカタチにして行こう。という想いを胸に、ペルシュを開業したのですが。

大体若い世代って、当時の自分もそうでしたが、その先って全然見えて無いんですよね。商売もまだまだ未熟、技術も知識も経験も、ホントまだまだで。

ただひとつ。
世間様に叩かれることに於いて度胸は多少ついたかもしれないです。

割烹着とか、会見の服とか。
すごく身内に支えられてる感じがしました。いい事なんですが。家族の支えって。

ただフィルターも無いまま世間様に曝されて、上からも手の平返されて。
スケートの金メダル獲れなかった、あの傲慢なトップを思い出して仕方がなかったです。結果至上主義ってやつ。

違うならその場で違うとか、足りないものはこれだとか。ちゃんと上司がきちんと指示指導、改善策とか提案してあげればいいのに。

タテ割りの変な風習だけそのまま。
きちんと怒るとか、直すとか。道を示してあげるとか。
上がやることの責任義務、ちゃんとしてほしいです。

The pretty reckless

バンドフロントウーマン,Tayler Momsen

女優業とバンドヴォーカル。
うまくフィルターを被ってる。
演じてるな、って思います。

http://youtu.be/bmtbg5b7_Aw

世間に出るって、何かに「なり切る」って事なんだと思います。

かくいう私もそういった意味で、なり切ってます。
「素」では出来ない事、あると思います。正直。


研究を重ねてきた。

これにもいろんな想いが。



アメリカンクッキー

大きいサイズでじっくり焼き上げるために、以外にも手間がかかるんです。

ココナッツファイン、要は細かくしたココナッツですけど、軽くローストしてから生地に混ぜてます。セオリーは細かいので、混ぜこんでも火が入るから別にいいよ、ぐらいの扱いだったんですが、軽くローストして香りを立たせてから加えて焼くと、噛んだときの香ばしさが全然違います。

オートミールは予め牛乳に浸しておくと、これも焼成後の舌触りにざらつき感が無くなりました。粉っぽいのがすごく気になっていたので、加える牛乳の割合も何度か試してみました。

生地に重曹を混ぜてますが、重曹の働きを良くするために、ラズベリービネガーを加えました。酢とかレモン汁よりもずっと食べたい欲求を与えてくれそうな食材を使ってみました。

これでいいや、とか、こうやって教わったので何の疑いもなくつくり続けることとかホント嫌いです。

まだ納得し切ってないので、未だにきちんと商品の案内が出来てませんが、完成したらちゃんとホームページにアップします。

今日はこの辺で。
スポンサーサイト



コメントの投稿

Secre

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

手づくり菓子工房 ペルシュ

Author:手づくり菓子工房 ペルシュ
シェフの新着情報を配信します

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード