FC2ブログ

第566回 長野県を訪れたこと

先日、長野県まで行ってまいりました୧( ⁼̴̀ᐜ⁼̴́)૭

訪れたかったお店のページです。こちらからどうぞ

ジェラート屋さんです。

なぜ故、ここなのか?

ここ最近、このブログにて色々と素材や食材について書き綴っていますが、ボク自身、今最も大切にしている想いをカタチに活動されているオーナー、岡田さんにお逢いして、お話を伺いたかったことです(๑•̀ㅂ•́)و✧



岡田さんと一緒に(*^^*)

ジェラートで使用する食材は地元長野の農家さんから。

時期的にオーロラ種の洋梨。訪れた当日はバラード種をピューレにしたジェラートを。

その他青豆でずんだジェラート、落花生、チョコレートはオーガニック栽培されたKAOKA社(先日のブログ投稿で、ドーナッツについても触れました、チョコレートのことで紹介しましたね)

牛乳も、自身が所有されている乳牛を酪農家さんに預けて、週に4回ほど取りに行ったものを使うといったこだわりぶり!

つい最近は牛乳を加工して、ヨーグルトをつくり、これまた地元の養蜂家さんからいただく、アカシアはちみつで仕込むハニーヨーグルトもΣ( ꒪□꒪)‼



ずんだとバラード洋梨のダブルヽ(≧▽≦)ノ





トリノ産ヘーゼルナッツのジェラート
٩(ˊᗜˋ*)و

今岡田氏が取り組んでいるのが、

ヘーゼルナッツの栽培。



今年植えた苗だそうです。



ハレスキリッセンの苗だそうです。




ケニッシュコブ


全部で6種類の苗をトータル100本植えたそうで、この後長野県の気候に適した品種を見極めていくそうです。


長野もトリノも、同じオリンピック開催の土地柄、ヘーゼルナッツの栽培に適しているのではないか?ということで、日本ではおそらく初めてであろう、ヘーゼルナッツの栽培に挑戦する決意のほどを伺ってみると

農業の活性化

やはり、岡田氏も同様、食材そのものに対しての危機感であったりとか、素材そのものを調理するプロセスを大切にされている方ですので、当然の想いであるのでしょうし、長野というお菓子屋にとっては食材の宝庫に身を置いているからだとも言えるのではないでしょうか?

正直、うらやましい限りです(〃д〃)

それと

農家さんのために。の第一歩を踏み出していることにも感銘しますヽ(≧▽≦)ノ




サブレショコラノワゼット

ヘーゼルナッツをローストして粗挽きの自家製プラリネに加工してから、マダガスカルカカオのミルクチョコレートと混ぜ合わせた自家製ジャンドゥーヤのサンドです。

ともかく、素材を吟味する。
素材を1から。ゆくゆくはゼロから。

またひとつ、新しい目標ができたような
そんな気がします!




紅玉りんご



シナノゴールド


帰りに立ち寄ったりんご狩りができる農園のりんごたち。

この他にも、秋映、シナノスイート、未だ完熟ではない、ふじなどもありましたヽ(≧▽≦)ノ

ただ、、、
調子に乗って、うれしそうにもいでいたら

7kgも収穫してしまいましたΣ( ꒪□꒪)‼笑

でもいい経験になりました(≡ε≡;)

脚立に乗っての収穫。恐らくはこれだけのりんごを実らせるために年間通じて様々な苦労をされたのは想像に容易いことでしたね。

小布施の栗が見たくて、立ち寄ったのですが、大雨(╥Д╥ )

車から降りる気にもなれず、車内から奥手の栗を眺めて帰宅の途に。

もちろん、りんごのお菓子は今後も積極的に、りんごのコンフィチュールも近日中に登場します(๑•̀ㅂ•́)و✧




never too late

何事を始めるにも、決して遅い。ということは言い訳に過ぎないのかもしれません。

思い立ったら即行動、実践。

そんな勇気すらも収穫したかも。

以上長野県日帰りツアーでした(〃д〃)笑
スポンサーサイト



コメントの投稿

Secre

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

手づくり菓子工房 ペルシュ

Author:手づくり菓子工房 ペルシュ
シェフの新着情報を配信します

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード