fc2ブログ

第572回 麹

11月の話ですが

日本酒の蔵元、加藤吉平商店の当主さまとお話しをさせていただく場をいただく機会に恵まれました(≧∇≦)




今回で加藤社長とお話しをさせていただくのは2回目。

壁に掛けられた絵画を見てお気付きの方もいらっしゃるかもしれませんが

Bon梵chocolat のデザインの原画でもあります(๑•̀ㅂ•́)و✧

ということは

何か新しい日本酒、梵のお菓子が登場するのか⁇

ショコラですヽ(≧▽≦)ノ

詳細をご紹介するのはもう少し先になりそうです(ˊ•̤ω•̤ˋ)

間も無く完成。しばらくお待ちを(ˊ•̤ω•̤ˋ)

まぁ、新作ショコラを持参してご意見のほどを伺いに行ったのですが

コーシャ

についていろいろとお話しを伺う事に。

コーシャ。とは?


もともとは、紀元前の旧約聖書の教えに即した、カシュルートと呼ばれる厳格な「食事規定」がその語源。「コーシャ」とはこの食事規定で「食べて良い食物」のことを意味します。

製品の原材料から製造過程まで厳しくチェックされるコーシャ。その判断基準が細かく厳格がゆえに、品質の安全性に信頼が出来るのです。


宗教の戒律に基づいてるのが元々ですが、それだけ厳格なコーシャの認定を受けることができるのはほんとうにすごいことで(〃д〃)

調理器具からこと細かにチェックを受け、世界を舞台にその名を轟かせることは並大抵ではないですね。

無形文化遺産として注目の和食。

日本酒も当然、和食。というジャンルに於いては欠かすことのできない重要な位置づけだと思います。

よくよく考えれば

「麹」とは日本独特のものですね

米麹、塩麹。

味噌、醤油。

醗酵させることで、いろいろな食材を生み出してきた我々日本人にとって誉れな麹。

「梵」のワールドワイドな活躍も当然誉れですし、同じ福井から世界を舞台に。というところも刺激を受けますね(๑•̀ㅂ•́)و✧

そして、社長のお話しの中で

トレーサビリティーについても話題が。

ベトナム産チョコレートの時にもトレーサビリティーについて触れましたが、コーシャの認定を受ける過程の中で、原材料の仕入れ元まで適正かどうかを調べるそうです。

梵の場合だと、お米から。ということですね。

徹底した商品管理。もちろんですが、ボクとの共通認識として大事にされてることとして仰られていたのが

安全、安心こそが自信を持って商品を販売する原点である。ということ。

基本であるのは間違いないです!

今一度、むしろこれが有りきの第一歩。

胸に刻み込んでいることです。



コーシャの認定書




いろいろな活躍の証ですヽ(≧▽≦)ノ

お話はもちろん、セレクトする、チョコレートと組み合わせる日本酒もアドバイスをいただきました。

完成を楽しみにしていてくださいね ٩(ˊᗜˋ*)و




ペルシュタイムズでもお馴染みの

’apelila さんのシュトーレン




洋梨で仕込んだ自家製酵母のシュトーレン。

白砂糖、乳製品を使わずに焼き上げたシュトーレン、洋梨の甘さがほんのり、じんわりと\(´//ω//`)\

美味しくいただいておりまする~

酵母も麹と同じく、旨味を引き出す、とっても興味深い素材。

ホント、まだまだもっともっと勉強しなくては(๑¯̆ ᴈ¯̆๑)




あー、なんか思い出したかのように。

もう20年くらい前だけど

ユニゾンっていいなぁ。

おしまい\(´//ω//`)\w



スポンサーサイト



コメントの投稿

Secre

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

手づくり菓子工房 ペルシュ

Author:手づくり菓子工房 ペルシュ
シェフの新着情報を配信します

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード