fc2ブログ

第581回 不作。

トルコ産アプリコットは7月頃から収穫されますが、2014年cropは3月末に生産地域(Malatyaをはじめとするトルコ東部の山間部)を襲った霜害により、深刻な被害が出ているとの情報が入りました。開花時期に霜の被害を受けた影響で花が落ちてしまい、結実数が大幅に減少する見込みです。

トルコ産アプリコットの収穫量は通常10~15万トンとされておりますが、2014年cropは昨年比50%以下の大幅な減産(2013crop収穫量:約11万トン)との予測が上がっております。また、一部ではさらに悲観的な1万トン程度しか出来ないという予測も出ています。

収穫されるまでは分かりませんが、既に現地からも出荷が出来ない話が出てきており、今後発注しても輸入できない状況です。国内マーケットもこれを受けて在庫確保が困難な状況となっております。


ヘーゼルナッツについても同様、不作という情報が流れてきています。

トルコ産、いちじくもドライのものがもっぱら市場に多く流通しています。当然ながら影響を受けているそう




サブレショコラノワゼット

ノワゼット=ヘーゼルナッツ。

サブレ生地には皮剥きのヘーゼルナッツパウダーを



サンドにはヘーゼルナッツのプラリネとマダガスカル産ミルクチョコレートをブレンドしたオリジナルジャンドゥーヤを。



マーブル台でテンパリングしてから



焼きあげたサブレショコラに、テンパリングしたジャンドゥーヤを絞り出して、2枚を貼り合わせてサンド。さらにテンパリングしたホワイトチョコでコーティングすれば完成です(๑•̀ㅂ•́)و✧




コキーユ


これにもジャンドゥーヤのサンドですが、これはペースト状にしたヘーゼルナッツとベネズエラ産ミルクチョコレートを混ぜ合わせたオリジナルジャンドゥーヤのサンド。

ジャンドゥーヤ。もととなっているのがイタリアのカファレル社が考案したチョコレート菓子「ジャンドゥイオッティ」ですが、甘い。。甘さが際立ち過ぎて日本人には少し不向き⁇w

そんな理由もあってオリジナルジャンドゥーヤの作製までこだわってつくるわけですが、ボク自身はジャンドゥイオッティ、スキですからね٩̋(ˊ•͈ ꇴ •͈ˋ)وw

話戻しますけど(^^;;

コーヒー豆もそうですが、ナッツ類全般に言えることが

先物取引である事。


トルコ産ヘーゼルナッツの現状につられて、ピエモンテ産。本場イタリアのヘーゼルナッツも高騰。。。
トルコにおいては日本の米と似たような背景も有って、国が全面的に支援して栽培を推し進めたくだりもあるようですが。一刻も早く回復してほしいところではありますが、天候不順が大きな要因とあればしかたのない部分でもあるんですよね(-ω-;)

アメリカでの不作といえばアーモンドもそうですが、小麦、トウモロコシも不作続きですよね。。

トウモロコシの粉は養鶏、ニワトリの餌になりますから、不作ともなれば当然コスト高に。その後の話は想像に難くないですよね。

マクドナルドの件で広く周知されたストライキの影響でいろんな食材、その他にも影響を受けている現状。

ピスタチオナッツもアメリカでは主要産地。
イラン産ピスタチオはイタリアやスペインと並び色鮮やかなもので有名ですが、トルコ同様、天候不順による不作、加えて経済制裁の影響で上げ止まりしない実情。

ケイクピスターシュ。。



マカロンピスターシュ

好んで選ばれ購入される方も多くいらっしゃるピスタチオのお菓子たち。



さっきのサブレショコラノワゼットで出てきた、マダガスカル。といえばやっぱりバニラの一大生産地。

マダガスカルでは台風の影響、加えてプランテーションオーナーが挙ってより収益性の高い、胡椒などの他の作物に切り替えていき、減産傾向にあるという事実。

最近ではめっきり使わなくなってきた「洋菓子」という単語。
パティシエ、パティスリー。といった、ひとつの確立されたジャンルとして「洋菓子」が認められた。ということでもあるわけですよね。。

洋。の食材を使うわけですから、当然ながら輸入食材に頼らざるを得ない実情。

ナッツ類全般、日本では消費量をまかなえるほどの生産量があるわけでもなく。
チョコレートの原料、カカオの木は赤道直下の気候でなければ生育できなかったり。

食料自給率の低い日本ならではの問題に直面しているわけです。現在。

値上げ幅も40%以上。休売するメーカーさんもちらほら。コレがナッツ類の現状。




キャラメルキャンディバー

ヘーゼルナッツたっぷり( ૢ⁼̴̤̆ ꇴ ⁼̴̤̆ ૢ)~ෆ
アーモンドプラリネのクリスピー( ૢ⁼̴̤̆ ꇴ ⁼̴̤̆ ૢ)~ෆ

バターリッチなキャラメルサレ( ૢ⁼̴̤̆ ꇴ ⁼̴̤̆ ૢ)~ෆ 萌え~( ૢ⁼̴̤̆ ꇴ ⁼̴̤̆ ૢ)~ෆww

置換できるものがあるんでしょうか?継続するにしても、相当な値上げ幅が余儀なくされそうです(* ̄∀ ̄)

対策を考えていかないといけないです(* ̄∀ ̄)

バターはといえば



フランス産、エシレバター。

とにかく高価ですけど、輸入課税額も相当なものです。

日本のバターの現状は、4月からの乳価の改定でさらに小売価格が上昇します。

お店のオープン時の単価と比較すると当時の1.5倍以上。
しかしながら、ここまで値上がりしてようやく酪農家さんの生活はトントンだそうで。

売れないから単価を下げて販売。工業的につくれない事は重々承知の上で減産。ニーズの折り合いがつかずに希薄になってしまう。

農業、養鶏、酪農。。。
洋菓子以前に、一次産業ありきで成り立っているのがお菓子づくりの世界。料理の世界。

ここ最近に限らず、ずーっとこのブログの場を借りてやんわりと食材の危機感を募らせていただきたい。と思って書き綴ってきました。

食そのものは既にインフレ傾向。ということ。それ以前にお菓子たちひとつひとつを大切に。という想いは変わらないですけど。



有名な本ですけど、引用します。

貧乏とは少ししか持っていないことではなく、無限に欲があり、いくらあっても満足しないことです。

シンプルな言葉でココロに響かせる語句の数々。

ウルグアイ、ムヒカ大統領のスピーチ。

必要なのは健全な食。

嗜好品としての美味しいケーキ。の前に

シアワセを感じてもらえるケーキ

嗜好品=高級。という構図も自分の中では少し違うと思います。

手間ひまと、情熱と、食べていただける相手の方と、恵みに感謝することと。

想いを込めて。月並みな言葉ですが、大切にしたいです。

貼り付けたリンクはdegradation。というタイトルから挿入しました。以上、おしまい。(^^;;




Jerry Cantrell's video for 'Anger Rising' off the double album Degradation Trip









スポンサーサイト



コメントの投稿

Secre

プロフィール

手づくり菓子工房 ペルシュ

Author:手づくり菓子工房 ペルシュ
シェフの新着情報を配信します

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード