第592回 お菓子教室特別編

こんな野菜を知ってますか?


マコモダケ
たけのこを優しくしたような適度の食感と、ほのかな甘味、ヤングコーンのような香りがある。くせがなく、さっと茹でたり、グリル焼き、炒めものにも向いているほか、新鮮なものは生食してもおいしい。細かく刻んで餃子、ハンバーグ、チャーハンなどに用いることもできる。

日本ではマコモダケから採取した黒穂菌の胞子をマコモズミと呼び、お歯黒、眉墨、漆器の顔料などに用いられてきた。


マコモについてご存知の方がどの程度いらっしゃるのかボクには見当もつかないですけど、コレを使ってお菓子をつくってほしい。なんて依頼が来ました







越前町子曽原、司辻さんが栽培しているマコモ。

なんでもマコモには水質浄化作用に優れているらしく、「川の上流からの水質、土壌改善こそが大切だ」という想いを基に栽培を始めたそうです。

土壌のインフラ。とでもいったところでしょうか?とにかくマコモに対しての認知度を高めるためにも、微力ながら協力したい。なんて想いを芽生えまして。

新聞記事としても掲載されています。コチラをクリックしてください

そんなお話を聞いて、どうしてもベストなプロモーション、自分の想いの丈も上乗せしたお菓子教室を開催しました(•̀ᴗ•́)و ̑̑



そんなわけで毎年恒例にもなった、野菜をテーマに取り組む野菜ソムリエコミュニティーとのコラボ企画のひとコマをお伝えしますね





野菜ソムリエコミュニティーさんは先に農地見学で、マコモの栽培現場に伺ってきてからの教室スタートでした

教室では3品を披露

先ずは夏野菜の代表格、トマトをケーキに(⸝⸝˃̶͈ ૢ ૢ˂̶͈⸝⸝)



シフォンケーキを焼きました❤︎ お菓子教室ですからね、実際につくってもみないと\(°∀° )/





デモではオリーブオイル、オレンジのゼスト、刻んだバジルを少々加えて、相性の良い組み合わせ「ペアリング」を意識してみました(•̀ᴗ•́)و ̑̑



それから⌢⌓̈⃝⌢ ͔⌔̎⃝ ͕ ⸌◦̈⃝⸍ ◡̈⃝ ᵋ̈⃝͚

トマトとチョコレートのテロワール

また面倒なこと言い出しましたけど( ‾᷅⚰‾᷄ )w

テロワール(Terroir)とは、「土地」を意味するフランス語terreから派生した言葉である。もともとはワイン、コーヒー、茶などの品種における、生育地の地理、地勢、気候による特徴をさすフランス語である。 同じ地域の農地は土壌、気候、地形、農業技術が共通するため、作物にその土地特有の性格を与える。日本語では「テロワール」と片仮名転写してそのまま用いられているが、その作物における「生育環境」とでもいうことができる

少しわん曲した解釈かもしれませんが、トマトの原産はペルー。そこに同じくペルーの大地で育ったカカオのチョコレートを組み合わせて食べていただく。というプレゼンですね。




トマトはジュレにして、チョコレートはタブレットとソース、それぞれに召し上がっていただきました❤︎

意外性、ではなくて、実食していただき、その相性の良さを感じていただくこともできました(•̀ᴗ•́)و ̑̑


ミディトマトの種を取り除いて、塩を振って水分を抜いたトマトカップのゼリーも*♬೨̣̥

そして

マコモパウダーはというと




お茶の香りとも、ヨモギとも捉えられる、青草らしい風味。

なんとなく「和」のイメージかな?ということで試作して出来上がった作品のお披露目となりました٩̋(ˊ•͈ ꇴ •͈ˋ)و



共立てスタイルで、こめ粉とマコモパウダーを加えて合わせたロール生地に!



スチームオーブンでモチモチに焼き上げて、粒あんとホイップクリームを合わせたクリームでロール





求肥餅で包んで、吉野葛とマコモパウダーを加えて炊き上げた葛ソースをかけて◝(๑⃙⃘′ᗨ˂̶๑⃙⃘)◞♡



葛ソースでは、コンセプトを明確に。むしろお菓子にキチンとしたストーリー性を持たせたくて加えたのが、リキュールドゥサパン

モミのアロマ、これをサイプレスのアロマに見立てて加えてみました❤︎

アロマオイルとして使われる「糸杉」のアロマは浄化作用、鎮静効果があると言われています。

マコモの浄化作用との意味合いにおけるペアリング。そんな勢いで作ってみましたが、思いのほかフィット感がすごくて。こちらも高い評価を得ることができました(≧∇≦)



ミディトマト (フルーツトマト) の食べ比べもあり



参加者の皆さまにはお菓子づくりを楽しんでいただきながら



無事に?教室を終えることができました( ´⚰` )
ボクが持ってるのがマコモです。七夕は終わってますので…w











マコモパウダーですが、販売もしているようなのでご興味ある方はお気軽にお問い合わせくださいね~♪♪



動画も有ったので貼っておきます

ボク自身、この様に新しいことにチャレンジできる機会がいただけることにホントに感謝してます。お菓子を通じて、少なくとも今日足を運んでいただいた方々に想いが伝わったのであれば本望です。。


ちなみにですが、マコモのござ。お釈迦様がマコモで編んだ寝床に病人を寝かせて治療されたと言われていることから盆棚の下に敷かれるようになりました。昔からアジア圏では親しまれてきた植物でもあります。

出雲大社の大しめ縄。コレもマコモで編み込まれているのだとか。。
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secre

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

手づくり菓子工房 ペルシュ

Author:手づくり菓子工房 ペルシュ
シェフの新着情報を配信します

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード