第603回 初秋の風にお料理とワインをのせて 4nouvelleLABO

4 nouvelle LABO, 第2回目のイベントはスペイン料理とお花屋さんエルマノ初秋の風に吹かれて。香りと共に愉しむお料理とワインをのせてを開催しました!



向かって左手、お花屋さんから入場していただくと



一瞬だけフッと香る、アロマオイルデフューザーで鼻腔をかぐわすお出迎え

アロマのスペシャリスト、齋藤さんによるプロモーション。

ただのレストランイベントでは面白くないのでは?という意見を受けて、女性の方により親しみを感じてもらえる世界観とは?会場ともなるエルマノさんのステキなアレンジにも上手く絡める術を模索して辿り着いたアイデア💡















エルマノさんはお花屋さんでもあるということで、お花として...そしてお料理として...そしてアロマの香りとして共通して使用されるハーブ→

✳︎①ローズマリー...こちらはエルマノさんのお庭より...



ウェルカムのお花とおかえりのプレゼントになるミニブーケにはいるもう一つのハーブ...

※②ユーカリ...こちらもエルマノさんのお庭にはえているもの...


そして、

※③オレンジスィート...情熱的なスペイン、太陽を思わせる柑橘系の代表、オレンジスィート...



この3つの
アロマ的なお話をお伝えしますので参考までに....





✳︎ユーカリラディアタ

爽快なフレッシュ感と生命力の強さを併せ持つアロマ


花粉症や、抗菌、抗ウィルスなど呼吸器系→夏から秋にかけての季節の変わり目の体調不良、風邪予防にも、good


頭をクリアにし、集中力するのに良い状態を保ってくれます

身体に…活力減退
慢性疲労の改善に→これまた季節の変わり目の体調管理に役立つσ^_^;

また、インフルエンザ・慢性または急性の気管支感染症にも...

コアラで有名なユーカリの葉っぱから取れるアロマの精油、ユーカリラディアータは、
花粉症、呼吸器系、夏から秋の変わり目の体調管理にオススメの精油ですσ^_^;


✳︎ローズマリーシネオール

ハーブや香水にも長年つかわれてきた、人気の植物σ^_^;

今回料理にも使われてました

地中海沿岸のヨーロッパ地方での栽培も盛んσ^_^;



精神疲労などで物事に意識を集中させることが難しいときに...
やる気や自信を喪失した心を、明るく前向きな心にまた、スッキリとした香りが頭をスッキリとさせて、リフレッシュ効果が期待(*^^*)

それに加えて、集中力や記憶力の高める効果


鼻や喉などの呼吸器系の不調や、血液の循環を促進する作用もあり、筋肉疲労やリマウチ、神経痛の症状の緩和、冷え性などにも有効σ^_^



若返りのハーブとも言われる女性の味方であり、記憶力のハーブともいわれてます♡






✳︎オレンジスィート(オレンジ)

不安、緊張感などの心を解きほぐしリフレッシュ...

香りは嗅覚を通して脳に伝わることで、自律神経にはたらきかけ、身体のバランスを整えるといわれますσ^_^;

疲れたと感じるときにまさにオレンジ・スイート

あたたかみのある甘い香りが、ストレスや緊張を和らげてほっとした気分に...

消化器の働きを整えて活性化してくれる作用もあるので、疲れが胃にきていると感じるときにもぜひσ^_^;


その他

✳︎三国のラベンダーファームのラベンダー
おかむらさき...

地産地消のアロマの王道もブレンド







ふっと香りが鼻先をくすぐる感じで、決してお料理の邪魔をしないσ^_^;
入り口の香りからさらなるワクワク感を感じる...香りでそんな役割ができたらと'''........


齋藤さんによるアロマトリートメントのレシピ。
今回のイベントのため、熟考していただいたアイデアを極力余すことなくお伝えしたいと。改めてですが



最初の前菜

フランス産マグレ鴨とそのフォアグラのテリーヌ
野田さんのいちじくとオレンジのサラダ









ペールメールさんもおっきなバゲットを焼いてきていただき参加いただきました










イカスミのパエリァ
カボスを添えて斬新なアレンジと











エルマノ×イルヴァビヤン
合作のひと皿
本日の鮮魚のカダイフ焼き×ムール貝の釜上げエスパニョーラ


鮮魚にほんのりクミンを香らせトウモロコシで出来たカダイフ生地をまとわせてソテー。

ムール貝は白ワインを豪快に、玉ねぎ、トマト、ニンニクで。サフランを仕上げに加えて



ローズマリーの香りを閉じ込めたホロホロ鳥、黒胡椒の風味




赤ワインで煮込んだイベリコ豚の肩ロース 秋の味覚の包み焼き





今回は前もってお料理の試食も有ったので、木嶋氏のワインのペアリングもよりフィットしました!




シブーストポワール

アロマオイルの香りを基に作製した秋の味わい。洋梨のフレーバーにレモンとホップの香りを寄り添わせ、フレッシュグリーンをオマージュしました。冷たい状態でお召し上がりいただくと、土台はユーカリをイメージさせる、エストラゴンのクレームブリュレが。温冷の温度差にも仕掛けを加えた味わいを感じていただけます

アロマオイルデフューザーから感じたアロマをフレーバーに置き換えて。
どちらかといえば、和梨が香りをイメージさせるように感じましたが、洋梨にて再現。

エストラゴン風味のクレームブリュレは湯煎焼きして、粗熱を取った状態でのサーブ。
冷蔵庫には入れずに、室温の状態です。

フレッシュの洋梨は賽の目に切って、フライパンでソテー。
少し水分を飛ばしてからローズマリーの花のはちみつ、ホップのオードヴィ、フルードゥビエールでフランベして、温かい状態でシブーストに添えました。
カリカリの松の実のキャラメリーゼも。

シブーストを食べ終えて、ローズマリー、ユーカリ、レモン、ラベンダー、カモミールの香りのブレンド香を再現したものを感じていただけたかどうか?あくまで個人的な香りの見解の再現ですので。。

ビターオレンジの花の香り、ネロリとビターアーモンドの香りをコラボさせた、自分なりにスペインを表現した味わいと香りのケイク。



会場も終始和やかに感じました。



アロマオイル、トリートメントについて解説をされている齋藤さん


食事を愉しむ以上に感じていただく、収穫していただく。この会のテーマは何時でもそうあるべきです

今回は、鼻をつまんで食べると味覚がわからなくなる、香りをテーマに、議論を重ねてきました。スパイスやハーブを使って、味わいの表現をお料理で再現しつつも、食由来以外のアロマを食前酒の様に扱い、タブーと言われている部分にも果敢に挑戦しました。
もちろん、食から完全に離れた香りは使いませんでしたが、フレッシュで爽快感を重視したスッキリした味わいのワイン。ゴールデンキウイやメロンの香りが特徴的な白ワイン、ロルチュであったり、ワインのセレクトも素晴らしいものがありました。





食に携わるものとして、より高みを目指していきたい。

次回の活動としては、来月開催の西谷マルシェで何かあるのかどうか?なんですが

お料理などについては、Facebookページで各店シェフによる解説もあるかと思います。


スポンサーサイト

コメントの投稿

Secre

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

手づくり菓子工房 ペルシュ

Author:手づくり菓子工房 ペルシュ
シェフの新着情報を配信します

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード