FC2ブログ

第614回 備忘録

備忘録のためのメモってボク自身はほぼ取らないタイプです。

それは受け取る側の場合。

何故か分かんないですが、言ったことは忘れがち。



近所の神明小学校で、生活発表会がありまして。招待状も来たので行ってきました(๑′ᗨ‵๑)੭



バリケードじゃないですよ。当たり前か。。



お手製の図工アイテム←なんと言えばいいのか? で、ペルシュのキッチンでの体験を劇風に再現しておりました(≧∇≦)


ああ

自分が小学生の頃って。。。もう30数年前の話だし。



いちごのショートケーキ

何の変哲も無い。って言われるかもしれない。

でも

これは

ボク自身が最高に美味しいと思って育った味。

同じ菓子職人としての父のスタイルそのもの。

この絞りって、意外にホントに難しいんです。。チカラ加減、口金を引っ張るスピードとか。クリームの引き方とか。

ボクはこの変哲も無い絞りのビジュアルに執着してます。
このショートケーキを受け継ぐべきそれだと思い、受け継いでいく「ism」として提供しています。

クリスマス、誕生日もこのスポンジのデコレーションケーキを毎年食べてきました。
2日目のしっとり感が増した味わいは格別で、板チョコのプレートを食べるのもホントにシアワセでした。

街探検の子どもたちが決まって聞く質問の中に

いちばん売れているケーキは何ですか?

ボクはいつも通り質問を返します

みんなのスキなケーキは何ですか?

必ずひとりは答える、ショートケーキ。

最近の子どもたちは、将来ケーキ屋さんになりたい!っていうよりも、パティシエになりたいっ!って言ってますね。。。

時代の変化なのかどうかはさておいて、ボクは華やかなパティシエよりも無骨な菓子職人で居たいと思ってます。

トレンド。大事ですけどね。でも根っこはしっかり張っておかなきゃいけないです。

なんかまたまた果てしなく長文になりそうなので、後編に続く。でもイイですか?笑




クラシック。と言われてもぐらい時間が進んだけれど。
今。現在進行系でも色褪せない。そんな菓子をつくりたいです。。
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secre

プロフィール

手づくり菓子工房 ペルシュ

Author:手づくり菓子工房 ペルシュ
シェフの新着情報を配信します

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード