第627回 流々

もうですね
毎日キッチンに引きこもり。
3月はやっぱりひたすら感が違う。

新作を考案するときには自然とアイデアというのは生まれるものです。

しかしながら
全く無い時期もあります。

ある程度確立された。っていうのも否めないですけどね。その時期のスペシャリテ、人気のあるアイテム。やっぱり問い合わせいただくとつくんないといけませんしね(๑´ㅂ`๑)♡

いちごとピスタチオのタルト




春の定番。ピスタチオグリーンはお気に入りです(⸝ᵕᴗᵕ⸝⸝)

いちごに関して言えば、価格の乱高下を調整する意図があるようで、生産量の調整はもちろんですが、最近ではパテントの問題もあるようで( 商標権のこと) ボク個人のお気に入り、さちのかは近々市場から消えてしまうようです。。このタルトにはさちのか使ってます\( ˆoˆ )/

(実際、ボクがちいさいときから慣れ親しんだ、とよのか。という品種のいちごはめっきり見なくなりました)

話があちこち飛びがちになりそうですけど

マカロンマンゴ&パッション



新しい発見。
というわけでは無いのですが、そもそものレシピでは、マンゴーとパッションフルーツのピューレをブレンドして


溶かしておいたホワイトチョコレートとミルクチョコレートのブレンドに注ぎ入れてガナッシュに仕上げるのです。

ミルクチョコレート。
ひとくちに言ってもカカオ豆の品種、パーセンテージ、全部違います。



おなじカタチで揃えてみましたが、全てミルクチョコレート。マンゴー&パッションのガナッシュには、左側の一番明るい色合いのものを使用しています。

昔はフルーツのピューレに含まれる酸と、乳の脂肪分が結合することで起こる抗酸作用にアタマを悩ませました。要するに、ガナッシュがザラつくんです。口どけ悪くなるんです。

カカオ分の高いものとピューレ、次にホワイトチョコレートを2段階に加えてガナッシュに仕上げてみたりしました。確かに結果としては良くても、その手の込んだ作業効率に比べてしまうとそれほど意味の無い作業でしたね。


マンゴーピューレは酸味も穏やかなので、酸の強いパッションフルーツはクリスピーを加えて、味わいのバランスをとっています。



フルーツピューレと合わせて仕込むガナッシュでの気づき。
必ずミルクチョコレート、若しくはホワイトチョコレートのガゼインをレシピ中に取り入れていること。もちろん例外もあるのかもしれませんが、バランスを保つための必然なのか?ということで。なんのこっちゃちんぷんかんぷんですね( ˟ ⌑ ˟ )

常に新しいなにかを発信することに躍起な時期もあります
それほど囚われなくても良いんだ。というのも気づきです

川の流れというのは
淀んでいるようでも必ず流れています
少しづつでも進んでいるのならいいんでしょうね。
流れに逆らわないしなやかさも兼ね備えて臨みたいです。

上手く伝わらないもどかしさ。
それが、結果として結びついているのかどうかすらわからないことも。

どうのこうの。なんだかそんな言葉が蔓延してないか?

相変わらず元気ですよ。
お菓子のひとつ1つに本気で向き合っていますよ。





なんだかんだ直球っす( •̀∀•́ )b

ホワイトデー

お返し。とも言えますが、律儀な日本人ならではの文化ですよね(⸝ᵕᴗᵕ⸝⸝)
マカロンも多数、クッキー詰め合わせも同様に準備してお待ち致しております。





スポンサーサイト

コメントの投稿

Secre

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

手づくり菓子工房 ペルシュ

Author:手づくり菓子工房 ペルシュ
シェフの新着情報を配信します

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード