FC2ブログ

Emma×Perruche ベリーダンスとスイーツコラボ vol.2(第652回)



そもそも何故ベリーダンスとスイーツをいっときにコラボさせたのか?

その答えを探すように、互いに思いの丈を力の限り表現した。そういった思い入れを持って臨んだ今回のイベントだったわけですが



今年度は、ペルシュタイムズ紙面上で表現したいことのメインテーマとして発信する側、受け取る側。
このことについては、イベント前にアップしたブログでも書き留めています。こちらをタップしてページ移行します

31名ものゲストのみなさま、プラスcanal press ヨシダ、そしてEmmaさんの妹さんも当日音響や身の回りのお手伝いなどと奔走していただきまして。畳のふた部屋分の小さなスペースであったかもしれないにせよ、自分たちの伝えたいことが少なからず出来たようにも思います。



まぁ、こうしてEmmaさんの協力のもと、皆さんを巻き込むことにもならなければ、こうやってスイーツと被写体としての「受け手」という構図で収まったのでしょうね。


あ、ちなみに手元に写っているのが、今回プレゼントさせていただいたエジプシャンなスイーツなんです。ベールを模したホワイトチョコレートで全体を覆っています

それは一旦さておいて、ダンスを介して表現をされたことについてなのですが

Emmaさんの演舞の中で登場した小物(サーベルや杖のようなもの)について、特に聞くこともなかったのですが、きっとそれぞれにキチンとした意味合いがあるのであろうことは想像できたにせよ、あえて聞くこともありませんでした。
何よりも聴衆の皆さん老若男女、すべてを引き込むことのできる表現のスタイルとして、ベリーダンスという自分自身が磨き上げられたスタイルで魅了する。ということ。そしてそれを自分の近い距離感で一緒に楽しませる。笑顔にできる

ヒトを楽しませる。それはまさにペルシュタイムズの対談でお互いが大切にしていることの共通点でもあった、おおきなテーマ。
ボクも自分の仕上げた誕生日ケーキを、直接お祝いの場に持って行き、同じ時間を共有するという貴重な体験をさせていただいたわけなのです。




Emmaさんが慕われているんだな。ってしみじみわかるイラストだったり。当日のアンケート用紙に描いてくれていたものだそうで。すごくヒトとの距離感が近い。そんな魅力を放つ女性なんだと思いました。



3Sです。新たな気づき。発見。そしてEmmaさんから感じ取った光を糧に、伝えるべきを。自分の表現したいことを。またその機会に恵まれるのであれば、また是非ご一緒に。との約束を交わして。






Lost as I may be
All in the fog of my own noise and triviality
Grant, Holy Mother, grant me clarity
I am standing on the edge of forever... forever...

One among infinity
Witnessing the majesty
Calm in this humility
Witnessing the majesty
Hope as far as one can see
Witnessing the majesty [x3]
Standing on the edge of forever

Blessed that be in
Is reawakening
Grant, Holy Mother and my deathly slumber
To stand fearless on the edge of forever... forever...

One among infinity
Witnessing the majesty
Calm in this humility
Witnessing the majesty
Hope as far as one can see
Witnessing the majesty [x6]
Standing on the edge of forever

Hope as far
As one can see
As one can see







壮大な自然は自分に明晰さを与えてくれる。
永遠の淵に立ってみる。

これがリクエストした曲の歌詞。特に印象深いセンテンスをピックアップしたのが、上記の言葉。
そして当日、この曲に合わせて舞っていただいた後に少し表現するということについて自分自身思うところを話しさせていただいたのいですが、内容を要約して紹介します。

歌詞というのは、すごく大まかでありつつも、真に伝えたいことを的確な単語で表現したりする。つまりそれって捉え方。解釈ひとつでいかようにも捉え方も感じ方も変わる。グランドキャニオンって日本人の言うところの富士山の立ち位置。要するに自然の恩恵を受けて生きてる。特にボク等の食に携わる職業にとって、一次産業の農業、酪農業とも深く関わる立場であればなおさらのこと。←ここまでは事前打ち合わせでEmmaさんに歌詞の内容としてお伝えしておいたこと。
Standing on the edge of forever
 永遠の淵に立つ。いろんな不条理であったりエゴであったり。まかり通らないことも多々あるけれども。それでも前に進むことを。歩みを止めるべきではないと感じる。




スポット越しに投影された影が不思議とそのように語りかけてきたように感じてしまったのも、解釈のひとつの幅のように感じられたのでまぁ、面白かったです(照)







The Pretty Reckless - Take Me Down (Official Music Video)

そういえば、こんな感じでやったらキャッチーなpv出してきたし。メイクがかろうじて現状維持。だけど自分がヴォーカリストとして楽しみたいんだろうな。って分かりやすく伝わるのでアリかも。
Emmaさんもいろんな表情があって。このtaylorもかなりのモンですなー。こんな器用に出来るわけないし。演者はすごいですw


スポンサーサイト

コメントの投稿

Secre

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

手づくり菓子工房 ペルシュ

Author:手づくり菓子工房 ペルシュ
シェフの新着情報を配信します

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード